Hope Fitnessのトレーニングの特徴
    • 前へ
    • 次へ

    【Hope Fitnesssのトレーニングの成り立ち】

     

     

    john-torcasio-Ut0dj-nRZiQ-unsplash

     

    〇スポーツの能力が高まらずトレーナーの世界へ

     

    大学で始めたアメフトを社会人リーグでも続けましたが、一向に能力が伸びませんでした。

    練習に行くのが辛く、センスのある後輩に抜かれていくのが苦痛でした。

    そこでトレーニングの勉強のために世界で1番有名なトレーナーの資格である

    「NSCA-CSCS」の資格を1年間の勉強の末取得しました。

     

     

     

    〇資格を活かして活動の場を広げる

     

    スポーツジムから23区公共体育館・大学トレーニングジムへと活動場所を移りながらプロボクサーのアシスタントコーチに。

    師匠の下ではマニュアル通りにトレーニングを行うのではなく、人に合わせてメニューを作成することの大切さを学びました。

    IMG_1018

    〇海外のトレーニング知識との出会い

     

    海外の論文やコーチの方の本を読み漁りました。

    そこには

    ◆10回×3セット以外の筋トレの回数設定

    ◆スポーツクラブでは教えてくれないスクワットのフォーム

    ◆筋肉を大きくする以外の筋トレのやり方

    ◆スポーツに繋がる筋トレの方法

     

    が書いてありました。

    これはとても衝撃的なもので、久しぶりにワクワクしながら本を読んだのを覚えています。

    そしてこれらを実践することで1年後にパワーリフティングの関東大会で

    2位になることができました。

     

     

    【スポーツクラブからアスリートまでの様々なデータを組み合わせた効率の良いプログラムがHope Fitnessです】

     

    今までに

    「筋トレはスポーツに繋がらないって聞いた」

    「筋トレの目的は筋肥大」

    「スポーツはセンス」

    これらの言葉を聞いたことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

    また自分より経験のある方から伝えられることも多かったと思いますので、信じてきた方も多いと思います。

    しかしスポーツ科学は日々進化しています。

    もし皆さんが今まで通り

     

    ◆10回×3セット

    ◆筋肉に効かせて

    ◆ゆっくり動かす

     

    このような筋トレを行っていたら残念ながらスポーツのパフォーマンスは中々高まらないでしょう。

    なぜなら「スポーツの筋トレ」には専門の基準があるからです。

    それは

     

    〇スピードを高める重量の基準

    〇スピードの種類別の重量の基準

    〇目的別の筋トレの動作スピードの基準

     

    これらの基準が決まっています。

    逆にこれらの基準にのっとって筋トレを行わないとスポーツの伸びしろを伸ばすことはできません。

    「辛くて効果が出ない筋トレ」

    「辛くてやる気がなかなか高まらない時間」

    「元の取れないジムの月会費」

    このような悩みから解放される方法がHope Fitnessにはあります。

     

    大好きなスポーツの時間が嫌になる前に。

    憧れの選手の動きに近付けるように。

     

    スポーツ好きなみなさんの味方であり続けたいと思っています。

     

    お悩み・モヤモヤを解消されたい方はご相談に乗りますので、ぜひ無料カウンセリングをご利用ください。

     

     

     

    【効果を実感していただいた方の例】

     

    ●6回の筋トレでドライバーの飛距離が20yd伸びた40代ゴルファー

    ●2か月でジャンプ力が10㎝伸びた30代バスケ選手

    ●投げ技のスピードが高まった中学生柔道選手

    ●ドリブルのキレが高まった40代サッカー選手

    ●ディフェンスのタックル力が高まった社会人アメフト選手

    ●学生時代の筋トレの記録を2倍近く上回った30代元アメフト選手

    ●飛び込みやターンの力が高まった水泳選手

    ●ラストスパートが速くなったマラソン選手

    ●テニス肘が解消した女性テニス選手

    etc.

     

     

    ラインの公式アカウントよりお問い合わせいただけます。

    または下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください↓