川口市のパーソナルトレーニングジム、パーソナルトレーナーの木暮です。スポーツのキレを高めるために必要な体幹トレーニングとは? #84

2019/12/02 筋トレ

川口市のパーソナルジム、トレーナーの木暮です。

「体幹トレーニング、きついけどあまりスポーツに効果を感じない…」

「プランクを1分できるようになったけど、2分できるようになった方がいいの?」

そんなお悩みを持っている方へ、ご参考になる内容です。

体幹トレーニングに悩んでいる方はぜひお読みください。

①スポーツに活きる体幹トレーニングとは

※「体幹」は様々な解釈がありますが今回は世間一般的な腹部・腰部周囲の事をイメージしていただければと思います。

スポーツの場面での体幹の主な役割は

〇身体の軸を安定させる

〇四肢の力を発揮しやすくする

の2点です。

 

1⃣身体の軸を安定させる

体幹の筋群は胴体周りにあるため、胴体を安定させる役割があります。

胴体にあるのは背骨であり、背骨が余分な動きをしないように安定させます。

背骨は人間の軸になる骨ですので、体幹の筋群が強くなれば人間の軸が安定するということです。

例えば体幹の弱い小学生や中学生の中には、まっすぐ走っているのに体が横に振られている子、見たことありませんか?

体幹だけが原因ではありませんが、子どものように体幹の筋群が弱いとスポーツの動きが不安定になり、無駄な動作が現れてしまいます。

体幹を強くすることで軸の安定した、イメージ通りの動き・正確な動き・キレやスピードが高まりやすくなります。

2⃣四肢の力を発揮しやすくなる

体幹が強いと、手や足の大きな力を発揮しやすくなります。

木を思い浮かべていただけるとわかりやすいと思いますが、

太い幹(体幹)をした木には、しっかりした枝葉(四肢)がついています。

逆に幹が細いと枝葉も弱々しく、少し負荷がかかっただけで折れて(怪我をして)しまいます。

人間の体も同じように、体幹が強いと周りの四肢の力も発揮しやすくなります。

みなさんの憧れているスポーツ選手は、体幹が厚くありませんか?

②強い体幹を作るためのトレーニングとは

一言でいうと、

〇重量の負荷を与える

ということです。

体幹も主に筋群によって構成されていますので、重量の負荷を与えることで発達しやすくなります。

体幹トレーニングというと

・腹筋100回

・プランク1分

・2~3Kgのボールをもって素早く回旋

などのイメージがある方も多いと思いますが、そのような方々は重量の負荷が足りていないかもしれません。

そのため、体幹を強くすることができていないかもしれません。

・150㎞/hのストレートを投げる

・するどいシュートを蹴る

・100mを10秒00で走る

これらのキレのある・力強いプレーをするための力強い体幹を、皆さんは鍛えていますか?

具体的な体幹トレーニング方法は次回お伝えしますので、お楽しみに~!