気が付かないうちに痩せにくい体にしている習慣3つ #172|パーソナルトレーニング

2021/05/30 ボディメイク

今は日常的な習慣になっているものが、意外とダイエットの大敵になっている場合があります。

またそれに幸せを感じて、抜け出しにくくなっている状態もあります。

みなさんも当てはまっているか、確認してみてくださいね。

 

 

①夜更かし

寝る前にお布団の中で読むマンガやゲームは、昼間よりも面白く感じるものです。

しかし30分睡眠時間が減るだけで、内臓脂肪がたまりやすい体質になってしまいます。

参考:Got Sleep Problems? Losing 30 Minutes Of Sleep Each Day Could Mess With Metabolic Function, Causing Obesity

 

夜の楽しみの時間はとっておきたいもの。

ただダイエットやボディメイクをする数か月だけは、なるべく我慢するのではなくて、ちょっと時間を早めたり、別のタイミングに時間をとったりして幸せな時間はうまく確保してくださいね。

朝活もおすすめです↓

朝活.png

 

 

②朝何も食べない

朝何も食べないと、代謝のスイッチが入りにくくなってしまいます。

特に炭水化物を食べることで代謝のスイッチは入りやすくなりますので、

なるべく食べたいところです。

しかしお子さんと仕事で忙しかったり、前日の寝る時間が遅くて食欲がわかず、朝食の時間を取れない方も多いと思います。

そんな時はとりあえずごはん2口から始めてみてください。

それだけでも午前中から体温が上がりやすくなったり、お昼のドカ食いを抑えられる方も多いですよ。

始めたてのしんどさは、未来の理想の自分をイメージして乗り越えましょう!

4888851_s.jpg

↑混ぜご飯は食べやすいですね。

 

 

③つまみ食いしちゃう

お客さんからの差し入れとか、仕事や家事に疲れた時に机の上にチョコを置いておいて食べるとか、お菓子を食べる機会は日常よくあります。

その分は体を動かして消費することが必要です。

お腹をへこますとか、階段をなるべく使うとか、体を動かす機会は意外とありますが、実際に動くのはまた別問題。

 

きっかけがないと人間は中々動けないものです。

 

そんな時は

「お菓子食べたら筋トレ10回ルール」がおすすめです。

 

・仕事中にチョコを食べる→腹筋10回する

・お客さんの差し入れのクッキーを食べる→スクワットを10回する

 

というように、食べたらすぐに体を動かすルールを作っちゃいます。

自然と体を動かす時間を作れますし、何より罪悪感が薄れてストレスも軽くできることがいい点です。

私も経験ありますが、仕事後にジムに行って筋トレや有酸素運動を頑張る、というのはしんどく感じるときも多いものです。

それなら昼間の時間を有効活用すれば、消費カロリーもかさ増し出来ます。

職場の人も一緒になってやってくれたりと結構好評なので、試してみてくださいね。

4541058_s.jpg

 

 


 

おかしを食べたりする幸せな時間が、人生の幸せな時間を削ってしまうことがあります。

それらは毎日の積み重ねがドカンと爆発して、病気などに繋がってしまうことがあります。

まずは1日だけ、とことん健康的な1日を作って、脳みそを健康的に書き換えるきっかけづくりにしてみるのもいいかもしれませんね。

 

川口市に来られない方はこちらもどうぞ~↓

ここなら サムネ2.png

 

健康的な人生に変えるきっかけづくりにおすすめ↓

無料カウンセリングはこちら

ボディメイクコースサムネ3.png


Instagramで皆さんの頑張っているトレーニング風景掲載中↓

Instagram_Glyph_Gradient_RGB..

 

「スポーツのキレが3倍上がる筋トレ術」著書

Amazonにて好評発売中です!

ホームページトップ2.png

 

◆Hope Fiitnessは埼玉県川口市の完全予約制のパーソナルトレーニングです。

活動場所:「ホープフィットネスジム」

埼玉県川口市並木2-10-15 ラ・メゾン・ドウ・パール101号室

京浜東北線「西川口」東口から徒歩5分

(ウォームアップとクールダウンにちょうどいい距離です。)

お車でお越しの方:お近くのコインパーキングをご利用ください。

TEL:048-437-6944

kigure.sc@strength-j.com

受付時間:10:00~18:30(ご予約は2日前までとなります)

※セッション中などに良いお電話に出られない場合があります。その際は24時間受付中のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。