#64 【キレシリーズ】筋トレで足が速くなる?スピードアップする?

この記事を書いた人
スポーツのパフォーマンスを高める筋トレのプロ。社会人アメフト選手の経験とトレーナー歴13年以上の活動から、豊富なトレーニングのバリエーションと、ソフトな人柄に定評。自称ほめ殺しの木暮。 詳しいプロフィールはこちら

 

「筋トレをするとスピードが遅くなる」 「筋トレをすると体が重くなる」ーこのような言葉を聞いたことがある方、多いかと思います。

しかしこれは本当でしょうか?

・ウサイン・ボルト選手の体重…95Kg

・水泳イアン・ソープ選手の体重…104Kg

・アメフト エイドリアン・ピーターソン選手の体重…100Kg

※ネット情報です

↑すみません、テディの方です

Photo by Tim Mielke on Unsplash

 

このように、一般的に体重が重いと言われる方たちが、スポーツの世界ではものすごいスピードで活躍しています。もちろん、筋トレで筋肉量が増えたため、体重もほぼその筋肉量で重くなっているということです。

では、その筋トレで筋肉量・体重は増えますが、スピードは高まるのでしょうか?

 

1、筋トレでスピードは高まる?

高まります。

厳密にいうと、「スポーツのスピードの伸びしろを高められる」、ということになります。

↑筋トレにおける、重量とスピードの簡単な図です。簡単なイメージとしては、

・重量が重いとスピードは遅くなる

・重量が軽いとスピードは速くなる

です。

バーベルスクワットやバーベルベンチプレスを行っている方はこのイメージはわかっていただけると思います。

注目していただきたいのは、「ストレングススピード」「スピードストレングス」といったスピードを高める効果があるというところです。

バーベルを使った筋トレでスピードを高めることができるのです。そしてこのスピードを高めるためには

①適切な重量の設定

②全身を使った適切なフォーム

③スピードの意識

④怪我をしないコンディション作り

⑤強い体幹

などの準備が必要になります。

もしみなさんが、

「筋トレは筋肉に効かせるもの!」「筋肉を部位で分けてゆっくり動かす」

という意識が強すぎると、中々スピードは高まらないでしょう。

みなさん、筋トレでスピードを鍛えていますか?

2、スピードを高める具体的な筋トレは?

①スクワット

②デッドリフト

③ベンチプレス

④懸垂

これらの筋トレは特に全身を使って行う筋トレです。そのため、スポーツの動作に繋がる、全身を使ったスピードを高めやすくなります。

オーソドックスな筋トレメニューですが、スピードを高めるための意識や方法を使用して、スピードを高めることができるようになります。

もしみなさんが「10回×3セット」のようなプログラムをずっと継続して行っていたら、別の方法や意識を取り入れないとスポーツに繋がる筋トレの効果はどこかで停滞してしまうでしょう。

そしてこれらの筋トレでスピードを高めることで、そこからスポーツの練習の効果が現れやすくなってきます。

 

3、まとめ

YouTubeなどで強い人の筋トレ動画を見てみると、スピードを意識してバーベルを挙上しているのを感じられます。

遅筋の割合が多いと言われているボディビルダーも、ものすごい高重量をまるで20Kgのバーベルを扱っているようにすいすい素早く動かしています。

みなさんも次回の筋トレでは、重量は一緒で大丈夫ですので、バーベルの挙上スピードを素早く意識してやられてみてください。けっこう感覚が変わると思いますよ。

※バーベルを下すときは、ゆっくりおろすようにしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です