#14 正月太り

あけましておめでとうございます

新年はみなさんはどのようにお過ごしでしたか?

昨年末にみなさんからよくあった声は、

「お正月太りが怖い…でもしょうがないわよね(*´з`)」

というものでした。

実際、お正月には親せきの集まりや地元の友達の集まりがあり、食生活がコントロール不能になってしまい、体重が増えてしまった方も多かったんじゃないかと思います。

ではどのようにダイエットを再開したらいいのか?という部分を書いていきたいと思います。

 

①運動量を徐々に戻す

年末年始にトレーニングの量が減ってしまった方はまずここからです。

「徐々に」という点がポイントです。

トレーニングの量が減ってしまっていたり、栄養も偏ってしまっていた方は持久力も筋力も心肺機能も、体力と言われるものすべてが低下してしまっています。

そこで一気に元のトレーニング量に戻してしまうとダメージが大きく、最悪怪我を招きます。

年始に久しぶりにスクワットをやった後に、立ち眩みや吐き気に襲われたという経験のある方も多いのではないでしょうか。

しかもそのダメージは長く残りますから、結局いつものトレーニング量に戻すまでに時間がさらにかかってしまう、なんていうことにもなりかねません。

ですので、具体的な例としましては

〇年明け1~2回目のトレーニングは時間をゆっくり使って

・トレーニング前日から栄養&水分をきっちりとるように意識して

・ウォームアップをいつもより長くとって

・つらく感じたときはインターバルを長めにとって

・セット数や回数はその日の体力や調子を見て微調整(なるべくいつも通りに出来るように頑張る)

・トレーニング後のストレッチや栄養もいつもより多めにを意識して

これらのことを準備・予測してからトレーニングをすることが大切です。

寝る前に5分でいいので、明日の朝起きたところからジムに行ってトレーニングして、帰るところまでの一連の流れをイメージしておくとスムーズに進むと思います。

 

②栄養も徐々に戻す

もちろん、栄養も「徐々に」戻すようにします。

例えば年末年始にドカ食いした方がいきなり食事の量を減らしてしまうと、その差が大きすぎてかなり辛く感じてしまうと思います。

最初は罪悪感から頑張ることが出来ても、数週間後に一気にやる気が落ちてしまう、などということにもなりかねません。

 

③気を付けることは「急に」やらないこと

一番よくないのが「急に」元に戻そうとすること。

トレーニングを急に元の量に戻したり、食事を急に減らしたりといったことが良くありません。

身体のみならず心にも負担がかかりますので、1か月後辺りに燃え尽きてしまったり、最悪リバウンドしてしまったりといった悪い結果が待っています。

大体ですが、乱れた生活の時間と同じ時間分、元に戻す時間に充てるくらいの感覚がいいと思います。

正月太りを経験された方は、まずこの「早く元に戻したい!」というはやる気持ちを冷静に見つめなおす所から始めないといけませんね。

これは一般のダイエットの方もスポーツ選手の方も一緒だと思います。

前回の記事に環境は目標達成に大切というお話をしましたが、自分の脳みその環境を整えることもとても大切な要素の一つです。

まとめとして、

・まず徐々に体力を戻す

・戻ってきたら栄養も徐々に戻す

という所から始めていきましょう。

書いてみると当たり前のことですが、デメリットが多いことも頭の隅に置きながら、今年も身体と向き合っていきましょう!