#11 女性が筋トレ嫌いな理由?

最近はスポーツクラブなどでも、女性の方の筋力トレーニング率が高くなってきたように感じます。

しかし中には

「筋トレは抵抗あるからちょっと…」

というような方も多くいるのも事実です。

では筋トレに抵抗を感じる方は、どの点に抵抗を感じるのでしょうか?

今までのお話からまとめてみました。

 

①地味

特にスポーツクラブのレッスンや、グループでの運動を経験してこられた方は筋トレを「地味」に感じる方が多いです。

またその地味な筋トレを必死こいてやっている方を見たときに、

「あんな風に私はできないな…」

と感じ、壁を作ってしまう方が多いです。

「筋トレも仕事と一緒で、最初からうまくできる方はいないので安心してくださいね」

と私はお伝えすることが多いですが、会社みたいに上司がいて筋トレを教えてくれるわけではありませんから、筋トレ新人社員の方にとってはよくわからない業務を一人で考えさせられているような感覚になっているのではないかと思います。

会社で疲弊して、さらにジムでもストレスを溜めるとなるとそりゃあ楽しくなくなってしまいますし、筋トレもやりたくなくなってしまいます。

「筋トレは効果ある」と言われていますが、まずは第一の「地味」「よくわからない」という壁を取り除くきっかけが必要だと思う次第です。

 

②ムキムキになりたくない

女性に多いですね。

イメージは

「筋トレ=ボディビルダー」

という感じでしょうか。

 

 

 

トレーニングには種類もたくさんありますから、ムキムキにならないトレーニングもあります。

ちなみにムキムキになるまでには相当の努力が必要になります。

ムキムキになりたい方はご連絡ください。

 

③見られるのが嫌だ

筋トレ=つらい

という構図がありますから、つらい顔を見られたり、頑張っていることに恥ずかしさを感じる方も多いです。

恥ずかしくなると、黙々とトレーニングをしてしまうものです。

自分の世界に入ってしまうと、分からないことがあっても聞かなくなってしまいますから、効果も感じられなくなりどんどん筋トレがつまらなくなってしまいます。

 

④やり方がたくさんありすぎて逆にわからない

ネットに様々なトレーニングの情報が出回っていますから、逆にどれを信じていいかわからない。

わからなくて、筋トレをやるのが嫌になっちゃう、というパターンです。

大体どの記事も「このトレーニングが効果あります!」と書いてありますから、記事を探せば探すほど何をやればいいのかわからず、深みにはまっていってしまう方も多いです。

 

まとめ

筋トレをする時は

①自分に合ったトレーニングを教えてくれるトレーナーさんに出会うか、

②自分一人でプログラムを作成できるくらい自分で勉強をするかになります。

どちらの道を選ぶにせよ、運動を始めるきっかけは必要です。

そのきっかけの一つとして私がお手伝いさせていただいていますし、①②どちらの道を選んでもサポートをさせていただいております。

「そもそも筋トレの始め方がわからない」

という方はご相談ください。

kigure.sc@strength-j.com